鍼灸学科医療専門課程(3年制)

医療・スポーツ・美容など
可能性が広がる鍼灸師へ

  • 昼間部 午前コース9:00~16:10、午後コース13:00~17:50
  • 夜間部 夜間コース18:00~22:00

※上記の授業以外にセミナーや実習を開講します。

鍼灸師とは

「自然治癒力」を高め、患部の治療や病気の予防を行う専門家

人間の身体には多くのツボ(経穴)があります。このツボに対して鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて治療することで
人間が持つ「自然治癒力」を高め、患部の治療や病気の予防を行う専門家が鍼灸師です。
厚生労働大臣が認定した養成施設において3年以上、解剖学、生理学、公衆衛生学などの基礎系科目と
東洋医学概論、経絡経穴概論、鍼灸理論、鍼灸実技などの専門科目を履修し国家試験に合格すると、厚生労働大臣免許の「鍼灸師」となります。
医師や歯科医師と同様に独立開業が可能な医療系資格の一つです。肩こりや腰痛などの治療として知られている鍼灸ですが、
運動器系疾患だけではなく、消化器系・呼吸器系・眼科系・婦人科系など、様々な疾患に対する治療の有効性が
WHO(世界保健機関)で認められています。病院や鍼灸院で勤務鍼灸師として働くだけではなく、
独立開業のほか、スポーツや美容、福祉分野など多彩な分野で活躍でき、近年活躍の場は広がっています。

鍼灸学科の特色

豊富な専任教員数で、学生に応じた
個別指導&フォローアップが可能
鍼灸学科だけでも16名以上の専任教員が常駐。授業外も学生の質問に対応しやすいだけでなく、3年生については、成績に応じて個別での指導を行っています。また、難易度の高い学習内容は、時間外授業で丁寧にフォローします。
取得目標資格やライフスタイルに
合わせてコースを設定
午前コースではじっくり時間をかけた教育で、鍼灸師+αとしてスポーツアロマ―トレーナーやアロマコーディネーターの資格取得が可能。午後・夜間コースでは、大卒者や有資格者は既修得単位認定制度を利用し、経済的・時間的負担を軽減して学習が可能です。
「スポーツ」「美容」「伝統」の専門領域に
特化した鍼灸を深く追求する
「スポーツ」領域ではスポーツ選手のケガの治療や予防にアプローチする実技、「美容」では健康やアンチエイジングを含む美容効果を高める施術法、「伝統」では小児鍼や灸頭鍼など古くから継承される伝統的な治療法を学びます。
オリジナル教材やMeiji独自の
教育システムで学べる!
実習では、臨床経験豊富な講師陣が作成したオリジナルテキストを使用。東洋医学と西洋医学を統合した内容です。鍼灸診療はもちろんのこと、知識・技術の修得に役立ちます。
きめ細やかなチェックにより
確実な知識や技術が身につく!
学生一人ひとりの知識や技術が目標に到達するまで、きめ細やかなチェックを重ね、確実に習得へと導きます。個別フォローやスキルアップのためのセミナーも随時開催。
臨床現場での実践力を
実技、実習で磨ける!
本校では、多様かつ豊富な実技・実習の授業を通して、臨床現場で役立つ実践力を磨いています。段階を経て学ぶ、臨床実習の集大成として患者さんに対して実際に診察・治療を行います。

鍼灸学科カリキュラム平成29年度実績

左右にスライドできます

1年次基礎力 人体の構造や仕組みを学び、東洋医学と
鍼灸の基本的な知識と技術を習得。
2年次応用力 東洋医学と鍼灸の専門知識を学び、
臨床における応用力を高める。
3年次臨床力 臨床現場での実習を通じて、
即戦力となる実力を養う。
基礎分野 情報処理
自然科学
健康の科学
外国語
倫理学
  社会学
心理学
専門基礎分野 基礎 人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
演習 人体の構造と機能
医療概論
人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
運動学
病理学概論Ⅰ・Ⅱ
衛生学・公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
臨床医学総論Ⅰ・Ⅱ
臨床医学各論Ⅰ~Ⅳ
リハビリテーション医学
臨床医学演習
関係法規
専門分野 はりきゅう基礎学Ⅰ・Ⅱ
経絡経穴概論Ⅰ・Ⅱ
東洋医学概論Ⅰ~Ⅲ
鍼灸概論
はり実技Ⅰ・Ⅱ
きゅう実技Ⅰ・Ⅱ
取穴実技Ⅰ・Ⅱ
はりきゅう実技Ⅰ
臨床実習Ⅰ
鍼灸臨床Ⅰ・Ⅱ
伝統応用鍼灸学
臨床コミュニケーション学
はりきゅう実技Ⅱ
東洋医学診察実習
伝統応用鍼灸学実習
鍼灸臨床学実習Ⅰ・Ⅱ
臨床実習Ⅰ
東洋医学臨床論
東洋医学演習
鍼灸臨床学
鍼灸臨床特論
鍼灸理論Ⅰ・Ⅱ
社会はりきゅう学
鍼灸総合実習Ⅰ・Ⅱ
臨床実習Ⅱ
鍼灸応用実習Ⅰ~Ⅲ(選択)
鍼灸医学演習Ⅰ~Ⅸ
鍼灸専門演習Ⅰ・Ⅲ
自由選択 教養基礎演習 鍼灸臨床特論Ⅰ~Ⅲ 鍼灸臨床特論Ⅳ~Ⅵ

国家資格の取得はり師きゅう師

100%合格をめざした万全のサポート体制

早期から、過去の国家試験などから選別した模擬試験で実力をチェック。3年次には、独自の対策テキストやオリジナル問題を使用した年間8回の模擬試験の実施で、自らの学力アップと実戦力を高めていきます。また、学生の成績に応じて少人数制での個別指導を行い、確実な国家試験合格に向けてレベルを引き上げ、合格率100%をめざします。

現在、はり師・きゅう師の養成施設数の大幅な増加や、はり師・きゅう師を取り巻く環境が変化していることから、平成30年度から養成施設のカリキュラムが法令により変更となります。
本校でも社会の変化に対応すべく資質向上をめざし、患者さんの信頼と期待に応える質の高い鍼灸師を養成するため、本校独自のカリキュラムを検討しています。

PICK UP

臨床実習Ⅰ活躍の場を知る「早期体験実習」

鍼灸学科 宮本 直先生

鍼灸師が活躍できる医療機関、介護福祉施設、スポーツ現場を見学することで、3年後の到達目標を明確にし、学習意欲を高めます。

臨床実習Ⅱ見て修める「臨床見学実習」

鍼灸学科 高野 道代先生

習得した知識に伴った専門的な観点から鍼灸臨床の見学をすることにより、臨床のプロセスを理解し、鍼灸師として必要な態度、知識、技術を理解します。

臨床実習Ⅲ臨床を補助する「臨床補助実習」

鍼灸学科 清藤 昌平先生

複数の関連附属施設において実際の患者さんへの問診や検査、病態把握を行い、現場の流れや鍼灸師の仕事を再確認し実践経験を重ねます。

臨床実習Ⅳ自ら実践する「臨床実践実習」

鍼灸学科 丸茂 栄士郎先生

2年次から3年次にかけて、学生自らが実際に患者さんの治療を実践します。臨床で遭遇する可能性の高い疾患に対応する力と臨床技能を高めます。

卒業生紹介

岡本 靖子さん

PRECIOUS宝塚 宝塚鍼灸整骨院 鍼灸師

鍼灸学科 / 平成23年卒業

meijiでの思い出

卒業研究(美容鍼灸:高野ゼミ)、奥志摩実習、治療所実習で患者様に接した時の緊張感、ドキドキ感は今も忘れられません。
この時の経験が実践に大いに役立っていると思います。初心忘るべからず。真摯な治療を心掛けたいです。

学生へのメッセージ

苦あれば楽あり。勉強と実技はすぐに身につかず苦労されると思いますが、資格を得て社会に出たとき必ず人の役に立ち、患者様に喜ばれたときは、心から楽しいと思える仕事です。

竹藤 裕子さん

ひろこ治療室 院長 / 鍼灸師

鍼灸学科 / 平成14年卒業

meijiでの思い出

奥志摩実習で食べた噂どおりのてごね鮨

学生へのメッセージ

多くの方が学業と仕事を両立して日々励んでおられることと思いますが、自身の体調への気配りを忘れないでください。それから、私自身も様々な出会いを通して気づき考えさせられことですが、資格をとれば皆さん先生と呼ばれる存在になります。一人の医療人として、一人の大人としてご自身の姿を時折振り返った際に、”自分、大丈夫”と言えるように、初心を忘れずに頑張って下さい。

弘光 ナナさん

鍼灸院おんきゅう屋さん 院長 / 鍼灸師

鍼灸学科 / 平成16年卒業

meijiでの思い出

先生方が本当に一生懸命で、理解できなかった授業内容をよく質問に行きました。夜間コースだったので、全ての授業が終わり、電気を消して見回りされる先生に「電気を消すよ」と言われるまで補足してもらったことをよく覚えています。本当に充実した学生生活でした。

学生へのメッセージ

今でもmeijiで出会った友人と毎月勉強会に参加しています。どれだけ学術と治療技術の向上に努めても、患者さんの治療をする時はいつも基本に戻ります。学校で教わる基礎が本当に大切だと感じています。鍼灸は素晴らしい医療です。多くの患者さんと出会い鍼灸師として豊かな人生を歩んでください。

若宮 啓司さん

公益財団法人 日本バレーボール協会 全日本女子シニアバレーボールチーム アスレティックトレーナー / 鍼灸師

鍼灸学科 / 平成5年卒業

meijiでの思い出

非常にチームワークの良いクラスで有意義な3年間でした。

学生へのメッセージ

臨床現場で私自身日々思っている事は、患者さんに対してdedication(献身)な思いで治療を行うという事です。日々、知識・技術の研鑚はもちろん大切ですが、常にdedication(献身)を忘れずに。

さらに詳しく知りたい方はこちら!

PAGE TOP

対象者別メニュー
受験生の方
在校生の方
採用担当者の方
卒業生の方