柔整学科医療専門課程(3年制)

地域医療に貢献し、ケガの
予防から治療までをサポート

  • 昼間部 午前コース9:20~12:300、午後コース13:00~16:10
  • 夜間部 夜間コース18:00~21:00

※上記の授業以外に選択型の学習支援セミナーを開講します。

柔道整復師とは

日本古来の武道である柔術(柔道)を継承し、「ほねつぎ」「接骨師」として昔から広く知られてきました。
その手技は骨折・脱臼・捻挫・打撲などの外傷治療を「非観血的療法」という手術をしない治療法にて確立しています。
厚生労働大臣が認定した養成施設において3年以上、解剖学、生理学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、リハビリテーション学、外科学概論、柔道整復実技などの専門科目を履修し国家試験に合格すると、厚生労働大臣免許の「柔道整復師」となります。
医師や歯科医師と同様に独立開業が可能な医療系資格の一つです。
2002年のWHO(世界保健機関)において「Judo Therapy(柔道セラピー)」として紹介されて以来、世界的にも広く認知されています。
病院や接骨院で勤務柔道整復師として働くだけではなく、独立開業のほか、スポーツや福祉など多彩な分野で活躍でき、
日本のみならず世界にも活動の場は広がっています。

柔整学科の特色

フォローアップ専属の教員が
学生の能力に合わせて丁寧に指導
学生の質問に対応しやすい環境を準備しているだけではなく、学生の成績に応じてフォローアップ専属の教員がきめ細かに指導します。また、難易度の高い学習内容は、時間外授業で丁寧にフォローします。
校内のスポーツ施設を使用して学ぶ
「運動器外傷機能訓練法」
故障したスポーツ選手が競技に復帰するためには、身体能力回復を促進できる高いレベルでの専門性が必要です。スポーツ特有の傷害について深く学ぶとともに、スポーツ選手に対する運動療法を中心に、校内のスポーツ施設で実践的な学習を行います。
各自の目標を視野にいれた
選択必修セミナーを実施
午前、午後コースでは、スポーツトレーナーを意識したスポーツマッサージ、セルフケアなどのセミナーを実施。夜間コースでは、開業(施術所経営)を意識した接骨院院長、税理士等によるセミナーを実施。各自の目標に必要な判断力、技術力を選択形式で学びます。
ケガの治療や
予防の仕方を学べる!
ケガの治療法を学ぶなかで、スポーツ傷害への理解は深まっていきます。身につけた知識と技術は、スポーツ現場での応急処置やケガの予防、コンディショニングに活用できます。
実習は徹底したシミュレーション。
臨床での実践力を磨ける!
基礎から応用、臨床へと段階的にステップアップする学びで、理論と実技を確実に習得。加えて、徹底したシミュレーション実習によって、臨床で必要な判断力と技術力を磨きます。
豊富な臨床現場での実践が
確かな臨床力を養う!
校内の附属治療所での臨床実習をはじめ、スキー場救護見学実習や整形外科実習など、豊富な実習を用意。緊張感のある現場での実習を通して、医療人として重要な臨床力を養うことができます。

柔整学科カリキュラム

左右にスライドできます

1年次基礎力 人体の構造や仕組みを学び、
柔道整復の基本的な知識と技術を習得。
2年次応用力 柔道整復の専門知識を学び、
治療の適・不適が判断できる能力を養う。
3年次臨床力 豊富な実習を通じて、
柔道整復の臨床技能を高める。
基礎分野 情報処理
外国語
自然科学
倫理学
健康の科学
  社会学
心理学
専門基礎分野 解剖学Ⅰ~Ⅴ
病理学概論Ⅰ
生理学Ⅰ~Ⅲ
柔道Ⅰ・Ⅱ
運動学
運動傷害学概論
病理学概論Ⅱ
外科学概論
衛生学・公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
柔道Ⅲ・Ⅳ
一般臨床医学Ⅰ・Ⅱ
リハビリテーション概論
柔道Ⅴ
関係法規
専門分野 柔道整復学入門
柔道整復実技入門
骨折総論
基礎包帯実技
脱臼・軟損総論
基礎固定実技
基礎柔道整復理論Ⅰ~Ⅳ
基礎柔道整復実技Ⅰ
柔道整復身体構造学
臨床柔道整復学Ⅰ~Ⅶ
柔道整復生体機能学
柔整医学演習Ⅷ
運動器外傷発生学
基礎柔道整復実技Ⅱ~Ⅳ
柔道整復救急法
臨床柔道整復実技Ⅴ
運動器外傷機能訓練法
柔整医学演習Ⅰ~Ⅶ・Ⅸ
臨床柔道整復実技Ⅰ~Ⅳ・Ⅵ~Ⅸ
臨床実習
自由選択 基礎セミナーⅠ・Ⅱ(選択)
臨床セミナーⅢ・Ⅳ(選択)
臨床セミナーⅠ
臨床セミナーⅤ~Ⅶ(選択)
基礎セミナーⅢ~Ⅴ(選択)
柔整専門演習Ⅰ・Ⅱ
臨床セミナーⅡ

国家資格の取得柔道整復師

100%合格をめざした万全のサポート体制

国家試験対策用テキストを用いての対策講座や、関西の専門学校との
連携による実力試験を実施。万全の国家試験対策により、
合格率100%をめざします。

PICK UP

基礎固定実技

骨折や脱臼、捻挫を想定して、柔道整復の基礎となる手・足関節の固定法を学びます。副木、包帯、テーピングなどの固定材料の作り方から使い方、巻き方まで、教員のデモンストレーションを手本に実践します。

柔整学科 沖 和久先生

学生コメント

学生同士で患者さんと治療者の役を交互に行い練習します。包帯やテーピングの巻き方の強さ、弱さの加減を実感しながら学べました。

臨床柔道整復実技

同じ部位でも、骨折の仕方が違えば、包帯やテーピングの巻き方も違ってきます。この授業では、上肢、下肢、体幹部における骨折や脱臼、軟部組織損傷の治療法として、鑑別診断、整復法、固定法を学習します。

柔整学科 三澤 圭吾先生

学生コメント

肩、腰、脚の痛みを想定して学生同士で体に触れ、診断や施術を実施。力を調節して痛みを与えずに適切に触診するコツを掴みました。

附属治療所実習(臨床実習)

校内の附属治療所で、医療面接、診察法、柔整治療を実践。先生の施術方法を見るだけではなく、患者さんへの対応を体感するなど、臨床現場で求められるスキルを吸収します。開業に必要な知識も学びます。

柔整学科 秋津 知宏先生

学生コメント

いつも患者さんを第一に考える現場の先生の姿に感銘を受けました。また、これまでの知識や技術のレベルを確認できる絶好の機会でした。

スキー場救護 見学実習

スキーは膝、スノーボードは手と、スポーツによって怪我の場所や度合いは異なります。実習では、提携先のスキー場で骨折や脱臼などのケガを負った患者さんに対して、教員が行う応急処置の補助を体験します。

柔整学科 吉田 勲生先生

学生コメント

スキー場の救護所には骨折、打撲、捻挫など、さまざまな負傷者が訪れます。スピードが求められる現場で、迅速な判断力が養えました。

在校生紹介

柔整学科2年(午前コース)中川 美優さん
三島高等学校
明治東洋医学院専門学校

ステージで活躍するパフォーマーや
スポーツ選手を支えられるトレーナーになりたい。

明治東洋医学院専門学校を選んだ理由は?
アスレチックトレーナーの資格を取得できることと、校風が良く、勉強に打ち込めそうな雰囲気が魅力で決めました。実際、勉強は厳しく苦手な暗記科目も多いので大変です。しかしその分、やりがいもありますし、先生方には気軽に質問できるので努力していきたいと考えています。
これからの夢や目標を教えてください。
トレーナーとして活躍されている先生がいる整骨院などで働き、いつかアーティストやダンサー、スポーツ選手などを支えられるトレーナーになることが私の夢です。
柔整学科3年(午後コース)大家 淳志さん
松阪工業高等学校
近畿大学
社会人(電気設計・開発)
明治東洋医学院専門学校

柔道整復師になることが親孝行にも。
仕事と勉強を両立しながらまい進。

明治東洋医学院専門学校を選んだ理由は?
在学中だった親友の紹介でこの学校のことを知りました。進学の決め手となったのはオープンキャンパスでの体験学習です。元オリックスのチーフトレーナーを務めていた松元先生のトレーナー体験学習に参加したことで、より仕事内容や学びについて理解が深まり、入学することに決めました。
これからの夢や目標を教えてください。
患者さん全員を元気にできる治療家になることが目標ですが、自身が家庭を持ったときに、子どもが人に自慢したくなるような父親になることも夢です。現在は、故郷に帰る前に一度現場で経験を積むべく、フリーのトレーナーとして挑戦してみることも視野に入れて考えています。こうした夢を持てたのも、授業で学んだおかげですね。
柔整学科3年(夜間コース)藤木 暢志さん
汎愛高等学校
山梨学院大学
明治東洋医学院専門学校

勉強と柔道に全力を注ぎ、
充実した3年間を過ごしたい。

明治東洋医学院専門学校を選んだ理由は?
小学校1年から柔道を始め、大学では全国3位やベスト8、団体戦でベスト4の成績を残しました。これからも、できるだけ柔道に携わりたいと考えています。明治の学校見学の際に、勉強のことはもちろん柔道についても話を聞きましたが、他校よりも柔道場が広く、トレーニングルームもあったので、勉強と柔道を両立できそうだと思い、入学を決めました。
これからの夢や目標を教えてください。
柔道整復師は、治療で人の役に立てる、やりがいのある仕事。老若男女問わず、怪我をした人を治せる柔道整復師になり、いずれは父の院を手伝いたいです。まずは充実した3年間になるよう、柔道の練習を妥協せず、勉強でもトップを狙っていきます!

卒業生紹介

亀野 真吾さん

亀野鍼灸整骨院 院長 / 鍼灸師・柔道整復師

柔整学科 / 平成16年卒業

meijiでの思い出

資格を取得することが目的で入学したのですが、いつのまにか柔道にも興味が。柔道部の先生がマンツーマンで指導をしてくださったおかげで、全国大会で1部リーグに上がるという歴史を残すことができました。3年間を通じて目標を達成でき、卒業の際には恩師に涙まで流してもらい、現在でもその絆は深まるばかりです。

学生へのメッセージ

近年、整骨院が増え、実力のある柔整師だけが生き残っていく時代になってきました。明治東洋医学院で教えていただいたことを一語一句頭の中に入れ、国家試験はもちろん、柔道整復師となっても役立てていってほしい。また、人と人とのつながりを大切にし、医療人としてふさわしい人格を養ってください。

柴原 崇さん

柴原整骨院 院長 / 柔道整復師

柔整学科 / 平成21年卒業

meijiでの思い出

仲の良いクラスで、試験前は教え合ったり、助け合いながら、充実した3年間を過ごせました。

学生へのメッセージ

「柔道整復師なら一生続けられる」そう考えて会社員から転職を決意。整骨院で働きながら明治で学びました。卒業後、大阪の整骨院での勤務を経て、明治で同級生だった妻の地元・滋賀県で開業。患者さんの中心層であるご高齢の方からの「ありがとう」の一言が何より嬉しいです。これから柔道整復師を目指すみなさんも、自分のしっかりした目標を持って、3年間頑張ってください!

田中 精一さん

デイハートたなか / たなか整骨院 院長 / 柔道整復師 / 鍼灸師

柔整学科 / 平成6年卒業

meijiでの思い出

明治で学んで卒業してからも何かと相談にのって頂ける先生に出会えたこと

学生へのメッセージ

通常のデイサービスに加え、柔道整復師として利用者さんの生活機能の維持・向上をめざし腰や膝を中心とした関節の痛みに対するケアを行っています。できないことができるようになってきたときの利用者さんの喜び、ご家族からの感謝は何物にも代えがたいです。今後ますます柔道整復師は生活機能向上の訓練指導員としても大きく期待されます。柔道整復を学ぶ事は他の学校も大差はないかもしれませんが、在学中や卒業後も就職、開業、その他この業界での相談事に対して、真摯に対応していただけるところが明治の魅力だと思います。

東田 孝昭さん

元株式会社楽天野球団 東北楽天ゴールデンイーグルストレーナー / メジャーリーガー岩隈投手パーソナルトレーナー / 柔道整復師 / 鍼灸師

柔整学科 / 平成17年卒業

meijiでの思い出

東洋医学から西洋医学、スポーツ分野まで幅広く学べる理想的なカリキュラムでした。国家試験前には、先生の温かい励ましの言葉に勇気づけられました!

学生へのメッセージ

ひとつの技術にこだわらず、一人ひとりの選手に合った柔軟なコンディショニングを実践できるのは、明治での勉強があったから。選手が最高のパフォーマンスを発揮して、チームが勝利した時はやりがいを感じる瞬間です。臨床経験の豊富な先生が多く、現場ですぐに活かせる知識と技術をそれぞれしっかり教えてもらえたことは、とても役に立ちました。今でも同級生たちと、近況報告や情報交換をしています。良い刺激になるし、みんなで一歩ずつ成長できていると感じます。

さらに詳しく知りたい方はこちら!

PAGE TOP

対象者別メニュー
受験生の方
在校生の方
採用担当者の方
卒業生の方