柔整学科医療専門課程(3年制)午後コース・夜間コース

あなたの目的に応じて、福祉分野のスキルも、
働きながら「手に職」も。

  • 午後コース授業時間13:00~17:50
  • 夜間コース授業時間18:00~22:00

柔道整復師とは

日本古来の武道である柔術(柔道)を継承し、「ほねつぎ」「接骨師」として昔から広く知られてきました。
その手技は骨折・脱臼・捻挫・打撲などの外傷治療を「非観血的療法」という手術をしない治療法にて確立しています。
厚生労働大臣が認定した養成施設において3年以上、解剖学、生理学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、リハビリテーション学、外科学概論、柔道整復実技などの専門科目を履修し国家試験に合格すると、厚生労働大臣免許の「柔道整復師」となります。
医師や歯科医師と同様に独立開業が可能な医療系資格の一つです。
2002年のWHO(世界保健機関)において「Judo Therapy(柔道セラピー)」として紹介されて以来、世界的にも広く認知されています。
病院や接骨院で勤務柔道整復師として働くだけではなく、独立開業のほか、スポーツや福祉など多彩な分野で活躍でき、
日本のみならず世界にも活動の場は広がっています。

午後コース・夜間コースの特色

Wライセンスをめざす人が多数!より臨床的な学びや、高齢者特有の疾患を意識したカリキュラムが充実。
柔道整復師の資格がより活きる、「現場」を強く意識した学びが午後コースの特長です。例えば、機能訓練指導員としてデイサービスなどの福祉分野で働くなど、整骨院はもちろん、それ以外でも幅広く活躍するための実践的なスキルを身につけます。
国家試験合格のための効率のよいカリキュラム。働きながらでも、無理なく、集中して学べる。
国家試験合格を大前提に、ポイントを押さえて学べる授業構成です。そのため昼間は働きながらでも、無理なく、効率よく、柔道整復師をめざすことができます。また、夜間コースは目的意識が高くアットホームな雰囲気。同じ目標に向かって助け合い、集中して取り組めます。

午後コース・夜間コース カリキュラム

  • 総単位数101単位
  • 総時間数2775時間

左右にスライドできます

1年次 2年次 3年次
基礎分野 自然科学
健康の科学
情報処理
外国語
倫理学
心理学
社会学
専門基礎分野 解剖学Ⅰ~Ⅳ・Ⅵ~Ⅸ
生理学Ⅰ・Ⅱ
衛生学・公衆衛生学Ⅰ
柔道整復術の適応
柔道Ⅰ・Ⅱ
解剖学Ⅴ・Ⅹ
生理学Ⅲ
運動生理学
運動学
病理学概論Ⅰ
衛生学・公衆衛生学Ⅱ
一般臨床医学Ⅰ
運動傷害学概論Ⅰ
外科学概論Ⅰ
リハビリ―テーション概論Ⅰ
柔道Ⅲ・Ⅳ
病理学概論Ⅱ
一般臨床医学Ⅱ
運動傷害学概論Ⅱ
外科学概論Ⅱ
リハビリ―テーション概論Ⅱ
柔道Ⅴ・Ⅵ
関係法規
医療概論
社会保障制度
専門分野 骨折総論
脱臼・軟損総論
柔道整復学 上肢Ⅰ
柔道整復学 下肢・体幹Ⅰ
基礎包帯実技
基礎固定実技
柔道整復実技 上肢Ⅰ
柔道整復実技 下肢・体幹Ⅰ
基礎柔道整復実技Ⅰ・Ⅱ
救急処置実習
臨床実習Ⅰ
柔道整復学 上肢Ⅱ・Ⅲ
柔道整復学 下肢・体幹Ⅱ・Ⅲ
柔道整復学(診察と評価)
柔道整復実技 上肢Ⅱ・Ⅲ
柔道整復実技
 下肢・体幹Ⅱ・Ⅲ
臨床柔道整復実技(外傷予防)
臨床実習Ⅱ・Ⅲ
柔道整復人体構造学
柔道整復人体機能学
柔道整復診察法
運動器外傷機能訓練法
総合柔道整復学Ⅰ~Ⅷ
機能回復訓練実技
臨床柔道整復実技(開業実践)
臨床柔道整復実技(機能訓練)
総合柔道整復実技Ⅰ・Ⅱ
臨床実習Ⅳ
  • 人体構造や仕組みを学び、柔道整復の基本的な知識と技術を修得。

    主な科目:解剖学、生理学、骨折総論、脱臼・軟損総論、基礎包帯実技 他

    骨の名称や人体構造など、柔道整復について学ぶための土台を固めながら、解剖学、生理学といった基礎を徹底的に身につけます。大切なのは、症状や疾患を丸暗記するのでなく、なぜそうなるのか、理論から理解すること。確かな知識が適切な治療につながっていきます。

  • 柔道整復の専門知識を学び、治療の適・不適が判断できる能力を養う。

    主な科目:病理学概論、柔道整復学、一般臨床医学、柔道整復実技 他

    足首の痛み一つでも、捻挫か骨折か、当てはまる疾患はさまざまです。応用力とは、患者さんの訴えや症状に対して、知識をもとにシミュレーションし、診断する力のこと。学んだ知識をしっかり活用できるよう、実技の授業では、触診での力の入れ方なども手取り足取り教えます。

  • 豊富な実習を通じて、柔道整復の臨床技能を高める。

    主な科目:柔道整復診察法、臨床柔道整復実技、運動器外傷機能訓練法、臨床実習 他

    例えば、テーピングを巻く場合。現場では、患者さんの体型や生活習慣、癖などを考慮した上でアレンジする必要が出てきます。その判断や技術こそ、臨床力といわれるもの。本校では資格取得の知識だけでなく、多種多様な実習経験により、柔軟に対応できる臨床技能を養います。

国家資格の取得柔道整復師

国家試験に関する領域を重点学習。対策講座と実力試験でレベルアップ!

国家試験対策テキストによる特別講座や、関西の専門学校との連携による実力試験。

実績とノウハウが詰まったテキストによる「国家試験対策講座」、他校と連携し、より客観的に実力をチェックできる「実力試験」など、実践形式の学びを通して、合格のための基礎力を高めていきます。

解剖学・生理学などの国家試験科目は、対策授業により、一つ一つ入念に復習。

解剖学や生理学を中心に、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学など、国家試験科目については、対策授業でしっかりと復習し、一つ一つの知識を確実に身につけていきます。

苦手克服とポイントを押さえた学び。個別指導で、国家試験対策は万全。

3年次では個々の成績をデータ化し、苦手な科目の分析を行い、個別に指導していきます。要点を踏まえて効率よく学ぶことで、一人ひとりを無理なく合格へと導きます。

PICK UP

ケガの現場で、臨床補助や自らの判断による応急処置を実践。

段階を踏んだ豊富な実技・実習によって、柔道整復師としても、スポーツトレーナーとしても、
臨床現場で役立つ実践力を磨くことができます。実習先は1か所にとどまらず、
医療機関、スポーツ現場、介護福祉施設など、明治の卒業生・業界ネットワークを駆使した多種多様なラインナップで実施。
臨床実習の集大成では、スポーツ現場における予防や応急処置を行います。

臨床実習Ⅰ活躍の場を知る「早期体験実習」

柔整学科 沖 和久先生

柔道整復師が活躍できる医療機関、スポーツ現場、介護福祉施設を早期に見学することで、将来目指す柔道整復師像を明確にし、学習意欲を高めます。

臨床実習Ⅱ見て修める「臨床見学実習」

柔整学科 三澤 圭吾先生

習得した知識に伴った専門的な観点から診察や施術方法を見学。臨床のプロセスを理解し、柔道整復師として必要な態度、知識、技術を理解します。

臨床実習Ⅲ臨床を補助する「臨床補助実習」

柔整学科 石橋 重良先生

提携先のスキー場で骨折や脱臼、捻挫などのケガを負った患者さんに対して、教員が行う応急処置の補助を体験します。授業で学んだことを実践する力が再確認できます。

臨床実習Ⅳ自ら実践する「臨床実践実習」

柔整学科 秋津 知宏先生

緊張感のあるスポーツ現場において、自らの判断で応急処置やケガの予防などを実践。適切に対処できる臨床力を養います。

在校生紹介

柔整学科2年(夜間コース)千葉 健男さん
大学卒業
空調メーカー代理店 勤務
2017年度入学
明治東洋医学院専門学校を選んだ理由は?
経験豊富な先生方から高いスキルを学びたいと思いました。社会人時代に附属のフットサルコートを利用していたこともあり、専門学校を知り、オープンキャンパスに参加しました。話を聞いてみて、伝統があり、経験豊富な先生方ばかりなところに惹かれました。国家試験対策の勉強だけではなく、卒業後、臨床現場で活かせる高いスキルが学べると思い入学を決めました。
入学してよかったと思うことは何ですか。
授業時間以外でも気軽に質問できることがありがたいです。家だと勉強しにくいときもあるため、学内に勉強できるスペースがあることが助かっています。私がいつも利用するのは図書室や2階のレストラン。レストランにはほぼ必ず先生がいらっしゃいます。学生の様子を見て回ってくださるので、わからないことがあればすぐに質問でき、勉強がはかどります。

卒業生紹介

亀野 真吾さん

亀野鍼灸整骨院 院長 / 鍼灸師・柔道整復師

柔整学科 / 平成16年卒業

meijiでの思い出

資格を取得することが目的で入学したのですが、いつのまにか柔道にも興味が。柔道部の先生がマンツーマンで指導をしてくださったおかげで、全国大会で1部リーグに上がるという歴史を残すことができました。3年間を通じて目標を達成でき、卒業の際には恩師に涙まで流してもらい、現在でもその絆は深まるばかりです。

学生へのメッセージ

近年、整骨院が増え、実力のある柔整師だけが生き残っていく時代になってきました。明治東洋医学院で教えていただいたことを一語一句頭の中に入れ、国家試験はもちろん、柔道整復師となっても役立てていってほしい。また、人と人とのつながりを大切にし、医療人としてふさわしい人格を養ってください。

柴原 崇さん

柴原整骨院 院長 / 柔道整復師

柔整学科 / 平成21年卒業

meijiでの思い出

仲の良いクラスで、試験前は教え合ったり、助け合いながら、充実した3年間を過ごせました。

学生へのメッセージ

「柔道整復師なら一生続けられる」そう考えて会社員から転職を決意。整骨院で働きながら明治で学びました。卒業後、大阪の整骨院での勤務を経て、明治で同級生だった妻の地元・滋賀県で開業。患者さんの中心層であるご高齢の方からの「ありがとう」の一言が何より嬉しいです。これから柔道整復師を目指すみなさんも、自分のしっかりした目標を持って、3年間頑張ってください!

田中 精一さん

デイハートたなか / たなか整骨院 院長 / 柔道整復師 / 鍼灸師

柔整学科 / 平成6年卒業

meijiでの思い出

明治で学んで卒業してからも何かと相談にのって頂ける先生に出会えたこと

学生へのメッセージ

通常のデイサービスに加え、柔道整復師として利用者さんの生活機能の維持・向上をめざし腰や膝を中心とした関節の痛みに対するケアを行っています。できないことができるようになってきたときの利用者さんの喜び、ご家族からの感謝は何物にも代えがたいです。今後ますます柔道整復師は生活機能向上の訓練指導員としても大きく期待されます。柔道整復を学ぶ事は他の学校も大差はないかもしれませんが、在学中や卒業後も就職、開業、その他この業界での相談事に対して、真摯に対応していただけるところが明治の魅力だと思います。

東田 孝昭さん

元株式会社楽天野球団 東北楽天ゴールデンイーグルストレーナー / メジャーリーガー岩隈投手パーソナルトレーナー / 柔道整復師 / 鍼灸師

柔整学科 / 平成17年卒業

meijiでの思い出

東洋医学から西洋医学、スポーツ分野まで幅広く学べる理想的なカリキュラムでした。国家試験前には、先生の温かい励ましの言葉に勇気づけられました!

学生へのメッセージ

ひとつの技術にこだわらず、一人ひとりの選手に合った柔軟なコンディショニングを実践できるのは、明治での勉強があったから。選手が最高のパフォーマンスを発揮して、チームが勝利した時はやりがいを感じる瞬間です。臨床経験の豊富な先生が多く、現場ですぐに活かせる知識と技術をそれぞれしっかり教えてもらえたことは、とても役に立ちました。今でも同級生たちと、近況報告や情報交換をしています。良い刺激になるし、みんなで一歩ずつ成長できていると感じます。

在校生・卒業生はパンフレットでも
たくさん紹介しています。
さらに詳しく知りたい方はこちら!

PAGE TOP

対象者別メニュー
受験生の方
在校生の方
採用担当者の方
卒業生の方